Archive for 6 月, 2009

路面に向かう珈琲

火曜日, 6 月 30th, 2009

できるだけトロントで起きていることを書きたいと思っている。それには時間もぼくの言葉も力不足ではあるけれど、ちょっとだけでも見ていることを記録しよう。滞在しているCiyaちゃんのすぐ近くのカフェの窓際がすごい面白い。おじさんたちが路面に向かって珈琲をちびちび飲んでいて、なんだか野球中継の人たちみたいだった。おじさんたちはカメラを向けるとすごい喜んでいた。

今日はようやく予定が無い日になったので、AGO(Art Gallery of Ontario)という美術館のパスをもらったので、それを見に行くついでに切れてしまったポジフィルムやドローイング用のマーカーをいくつか調達できればと思っている。東京と違ってだいたいのものはダウンタウンの歩ける範囲に揃っているので、全部そこで見繕えると思う。

右の写真は、3週間の予定表。プロジェクトマネージャーも把握できない程に予定がぎっしり詰まっていて、それに逐一変更が入ってくるので、だれも全部覚えきれない。家のホワイトボードに書いて共有するしかないのだ、ワークショップの他にラジオのインタビューやアーティストトークまである。時差ぼけはもうないはずなのだけど、毎晩夜4時に一度起きてしまう。トイレに行きたくなる。なんでかわからないのだけど、大量のビールを飲んでいるからかもしれないけれど、ここぞとばかりに大量のご飯を食べているからかもしれない。いつもご飯の時に「ヨシノリは大丈夫か?」と聞かれる。大丈夫大丈夫と答えるけれど、ぼくがご飯をがっついていて、咽せたり苦しそうにしたり、ビールで顔が赤くなったりするからだ。食べることは戦いなんだと答えたけれど、いまいち伝わっていないようだった。

それじゃまた明日書きます。

朝早起きをしてGoodwillへ

火曜日, 6 月 30th, 2009

今日は漸く早起きをして、Goodwillというリサイクルセンターへ行く。ここは巨大な工場といった感じで、今回のプロジェクトに協力してくださって、無料で物資を援助してれたのだ。なので、3袋一杯の古着や凧に使えそうなこのをたくさん持ってかえることができた。この上の写真は実は関係がないのけれど、初日のワークショプに向かう道中です。

で帰りに今回の展示のテクニカルスタッフのダイスケさんのスタジオを見せてもらうことに。とある運送会社の一角を借りてスタジオにしている素敵なところだった。ああこんなこともできるのかとふと考えてしまったし、聞いてみるとインターネットで探したんだよと言っていて、じゃあ日本でもいくつか当たればできるんじゃない?って感じに思えてきた。先は明るいぜ。

で、インド料理を食べて帰ることに。すると雨なので、ちょっと待機しつつ。帰りにビールを買う。

トロント初日は雨が降る

月曜日, 6 月 29th, 2009

すでにちょっと酔っぱらい。トロント2目で雨が降ったのでワークショプの時間を変更して街に出る。古着屋があつまるエリアへ移動して、凧を作るワークショップをする。左のピンクのスキージャケットを着ているのがぼくだ。路上で拾ったショッピングカートに大量のゴミを乗せて街を徘徊しながら、300個の凧をつくる予定ではいる。

時差ぼけと毎日浴びるように飲むビールとワインでかなりヘロヘロだけど、みんな予想以上に楽しんでくれるので、良かった。帰りに激辛い四川料理を食べてノックアウト。そのあと何故かゲイパーティーに参加して夜の12時になる。

実は今回さらなる偉業を達成したのだ、お金がなさ過ぎて成田空港に着いた時点で380円しかなくて、煙草も買えなかったのだけど、これはもうどうにかなるだろうと思って、もしかしたら入国審査でアウトになるかもしれないぞとは思ったけれど、無一文で飛行機に乗った。シカゴ経由で面倒なアメリカ入国をしてからトランジットでカナダへ。トロント入国の審査官が面倒だったけれど、やたらポートフォリオを見たがるので何故か作品の説明までして、なんとか入国。到着するとギャラリーのスタッフがちゃんと出迎えてくれていて、そのままレストランへ直行。時差ぼけで頭が痛かったけれど、パイントの二杯飲んでベロベロになって、ようやく一週間分の生活費を貰う(今回は何と1日35ドルの生活費まで貰えるのだ!)。

土曜日にトロントへ発ちます及びそれに関連する告知

水曜日, 6 月 24th, 2009

死んだら終わりですというのが、なんだか心のどこかで引っかかるキーワードになりそうで、何がなんだかまだ分からないのだけどふつふつと気になってきている。言い換えるならば、「死なない限り終わらない」「死ぬまで終わらない」「死ぬまで終われない」「死ぬまで続く」となるだろうか。そう考えてみると、現在多くの国や地域でなされている職業選択の自由のことも同時に思い出す。選択の自由というのは、選択しなければいけない義務であって、それは多くの場合近代化における必要不可欠な要求と要素だったのだろうけれど、自由のその裏側には常に自己決定の義務が加課せられていて、多くの場合は死ぬまで人生の逐一の場面で大小問わず決定を下さないといけないのだ。なーんてことを考えながら、トロントでの展覧会のポストカードのデザインが届きましたので、告知文章と併せてお知らせさせて頂きます。

THE ARTS OF TOGETHERNESS
July 11 - August 23, 2009
Gendai Gallery at the Japanese Canadian Cultural Centre
Opening: Saturday, July 11, 12 -6 pm (during Natsu-matsuri)
Featuring artists Sandee Moore and Yoshinori Niwa
Guest-curated by Milena Placentile
Gallery Hours: Wednesday to Sunday 12 – 5 p.m.
http://gendaigallery.org/

Gendai Gallery is pleased to present an exhibition guest-curated by Milena Placentile that brings together Winnipeg-based artist Sandee Moore and Tokyo-based artist Yoshinori Niwa in an imaginative and participatory exploration of traditional Japanese cultural activities.

The Arts of Togetherness is a multifaceted exhibition that gently challenges commonly held assumptions about contemporary art as a cultural practice. Working in collaboration with her chosen artists, guest curator Milena Placentile, offers a project that seeks to bridge differences in familiarity with contemporary art by encouraging audiences of all ages to contemplate different points of view concerning what qualifies as the expression of a community, and what is pertinent to definitions of cultural life.

The artists featured in this exhibition, Sandee Moore and Yoshinori Niwa, will transpose popular traditional and modern Japanese cultural activities such as sentō (traditional bathhouses) and kite-flying, into new contexts in order to explore notions of interpersonal exchange and community, memory and imagination, and the passage of ideas over time.

Sandee Moore - Yutopia
A warm, personal spirit characterizes Moore’s artworks. Many of her project are service-oriented and she is especially interested in framing interactive experiences as a way to help build and strengthen interpersonal relationships. A recurring theme in her work concerns the complex nature of interpersonal communication and the barriers that challenge opportunities for closeness.

While researching traditional bathhouses in Eastern Tokyo is 2004, Moore was charmed by the name of one bathhouse in particular, “Yutopia”. This clever turn of phrase relates the pleasure of the hot bath water (yuu) to the perfect place (utopia).  First developed during her artist residency at Tokyo’s Mukojima Rice+, Moore’s newly conceived online Yutopia is a synthesis of Japanese bathhouses and simulates the unique model for social interaction that takes place within them. Moore describes bathhouses as a form of “heterotopia”, that is, a culturally definable space that is unlike any other, yet acts as microcosm in that it reflects larger cultural patterns and social orders. What is unique about bathhouses is that there is a lack of pretension and social hierarchy within them because people are naked and thus evidence of economic status and/or occupation are not present.

This installation of Yutopia seeks to present an environment that signals a Japanese bathhouse for the purpose of encouraging various forms of interaction.

Yoshinori Niwa – Kite Flying with Local People
Yoshinori Niwa is interested in exploring how people interact and does so by investigating activities that reveal cultural similarities, eradicate social barriers, and question what constitutes anticipated behavior in various circumstances. The very process of thinking about old things in new ways, and giving activities alternate structures, has the capacity to shed light on the key purpose of many cultural practices: to form emotional and intellectual bonds and to demonstrate unity.

Buddhist monks brought kites to Japan in approximately the 7th century, at which time their shapes began to take on forms representative of cranes, dragons, and/or fish in order to symbolize positive fortunes such as prosperity or fertility. Accordingly, kites were used frequently to avert evil spirits and to ensure bountiful rich harvests. Initially, only the samurai class was allowed to fly kites, but during the Edo government, citizens rejected the notion that it distracted them from their work, which made the activity more commonplace. Today, complex and beautiful kites are flown at any time, but are especially popular to enjoy on Children’s Day (May 5) or during New Year celebrations as offerings of thanks for past successes.

Kite Flying with Local People seeks not only to invite participants to become involved in making and flying kites with the artist in proximity to the JCCC grounds, but it also invites them to invest each kite with a personal element such as their own used clothing, or other materials they choose to find and bring to the gallery. In the case of kites made out of found materials considered refuse (i.e. plastic shopping bags), Niwa encourages participants to think of the potential use in any object. This activity not only reminds individuals about the finite number of resources on the planet, but also encourages them to think creatively about how our resources are used to their maximum potential.

Performance
On the opening day of The Arts of Togetherness, Niwa will work with visitors to create kites and will, later that afternoon, fly them all at once in gesture that will be celebratory while, at the same time, presenting a visual impression of unity through the single presentation of many kites produced by many individuals.

Niwa will take video and still photography of these activities to document the kites, workshops, and his performance of the kites being flown. The footage will be edited and presented within the exhibition environment together with a selection of raw materials finished kites, and drawings.

Three-week Residency
During his three-week residency, Niwa will conduct various performances and workshops at the JCCC, as well as in downtown Toronto thanks to a partnership with FADO Performance Inc. The ephemera created through the course of these activities will be presented in the gallery.

To participate in Niwa’s workshops, please contact info@gendaigallery.org or call 416-419-7492 for more information.

About the Artists and Guest Curator

Sandee Moore proposes to animate social relationships through personal exchange via artwork in media such as performance, video, installation, and interactive electronic sculpture. Since graduating from the MFA program at the University of Regina in 2003, Moore has screened and exhibited across Canada at venues including the Edmonton Art Gallery (now the Art Gallery of Alberta), The Winnipeg Art Gallery, Images Film and Video Festival, Blackwood Gallery, Dalhousie Art Gallery, and Mendel Art Gallery. Her practice has also taken her to Japan, where she was the 2004 Mukojima/Rice+ artist-in-residence. She was recently commissioned to create a video for the Winnipeg Art Gallery, stills of which were featured in the art pages of issue 100 of Border Crossings magazine. She recently stepped down from her four-year term as Director of Video Pool Media Arts Centre in Winnipeg in order to pursue her art practice on a full-time basis.
sandeemoore.com

Yoshinori Niwa is a physical performance artist who often incorporates animals, plants, and the environment into his work. Niwa’s aim is to explore how to live with others, especially those with different life experience (ethno-cultural, economic, etc). Some of his performances are site-specific, however is especially interested in how performances change from venue to venue and between audiences, so he is well attuned to responding to that which is around him. Niwa is a graduate of the Tama Art University Department of Moving Images and Performing Arts (Tokyo) and he has performed in Britain, Canada, China, Estonia, Germany, Hungary, Japan, Montenegro, Poland, Romania, Serbia, and Slovakia. He has also undertaken artistic residences through VENT Live Art (Oxford, UK), The Asahi Shimbun Foundation (Japan), and Tou Scene (Norway). In addition to his performance work, Niwa is active as a cultural producer in Japan and he has collaborated on a range of events and projects including the 2006 Tokyo-San Francisco Arts Festival. In 2007, he coordinated an international art festival titled “Artist as Activist,” which took place in Tokyo.
niwa-staff.org

Milena Placentile is a curator, writer, and consultant based in Winnipeg. Over the years, she has worked with various organizations including Video Pool Media Arts Centre (Winnipeg), SMART Project Space (Amsterdam), the Ottawa Art Gallery, the Walter Phillips Gallery (Banff), and A Space Gallery (Toronto). She is currently affiliated with the University of Winnipeg’s Gallery 1C03. Holding a Master of Museum Studies from the University of Toronto, Placentile continues to investigate audience-centered curatorial practices and socially engaged cultural policy. She is a member of IKT and she has received generous support from organizations including the Canada Council for the Arts, the Winnipeg and Manitoba Arts Councils, the International Association of Art Critics (Armenia), the Consulate General of France in Toronto, and the Henry Moore Foundation. In addition to commissioned critical responses, Placentile has also written for FUSE, BorderCrossings, and MUSE. Her recent exhibitions include Trust Us, We’re Artists (Toronto, 2006), Rehab: Weaning Youth Arts off Corporate Crack (Toronto, 2007), and No Time to Lose (Aberdeen, 2008).

About Gendai Gallery
Gendai Gallery’s mission is to promote excellence in primarily contemporary art & design with a curatorial emphasis on the work by Canadian & International artists of Japanese ancestry and of the larger Asian Community. Situated within Toronto’s Japanese Canadian Cultural Centre, Gendai Gallery is interested in art in the context of culture and community — local and global — and an ongoing interrogation of these elements. Gendai Gallery is committed to a multi-disciplinary program encompassing visual art, design, performing arts, and literature. Since its inaugural exhibition in 2000, Gendai Gallery has been steadily developing its programs. The gallery’s programs are made possible through the efforts of a volunteer Board of Directors. The Gallery also relies on volunteer advisors from the arts community to help carry out its mission.

This exhibition is generously supported by:

The Japanese Canadian Cultural Centre, The Canada Council for the Arts, Ontario Arts Council, Manitoba Arts Council, Toronto Arts Council, FADO Performance Inc., and Tani Miki

MEDIA CONTACT: Maiko Tanaka 416-520-2855 | info@gendaigallery.org
WORKSHOP CONTACT: Siya Chen 416-419-7492

IMAGES:
Yutopia (detail), courtesy of Sandee Moore.
Kite-Flying with Local People (documentation of performance, Düsseldorf, 2006), courtesy of Yoshinori Niwa.

[2009] 大好き

水曜日, 6 月 24th, 2009

[2009] 大好き
トレーシングペーパーに色鉛筆と顔料インク
250 x 220 mm
2009

ワークショップ「何の為でもない111人の集合写真」

木曜日, 6 月 18th, 2009

ちょっと考えるとぐっとくるのだけど、口に出すとやや恥ずかしいというか、不思議な響きになる。それは太宰治を追ったテレビ番組を視ていて、彼の晩年は愛している妻を尻目に制作活動に没頭して、それまでは良き夫だったのだけど、人間失格を書く為にあえて自分の生活を荒れさせて愛人まで作って酒浸って、そんな精神状態のなかでしか真の作品はかけないのだと言うのだけど、ああよく分かる。そうなのね、人生と制作との境目なんて無いのだよ、作品と人生の境目なんてないのだよ、そのひとの人生そのものがすべてであるべきなんだなと痛感してしまう。もちろん、その出来上がった作品しか流通できないけれど、別じゃないんだなと。そういう意味だとぼくには趣味と真剣なものなんにもなくてその境目がないんだと、全部生活や人生におけるすべての事物が同等にしか思えない。

ということで、ひとつお知らせをします。トロントでの展覧会の関連イベントでワークショップをします。久々にワークショップをやらないかというお話だったけれど、これがワークショップなのかどうかは僕にはわからないけれど、大丈夫!もし、トロントにいる人がいましたら是非参加してね!以下の概要転送歓迎です。

ワークショップ「何の為でもない111人の集合写真」
会期|2009年7月17日(金)13:00-16:00
主催|FADO Performance Art Centre http://www.performanceart.ca/
キュレーター|Shannon Cochrane

トロント市内の観光名所またはランドマークにて集合写真を撮るというだけの目的に111人の市民を集合してもらいます。この楽しげな家族旅行の一コマを彷彿とさせるプロジェクトは、全く人間的な自然の行為の側面とー公共ー市民という共同体のなかで如何に他人と出会えるのかという実験の側面があります。最終的にこの作品は大判カメラで撮影され大きく引き伸される予定です。トロントにお住まいで参加希望の方は info@performanceart.caまでご連絡ください。詳細は上記webサイトをご覧ください。

[2009] 走る少女に関するマインドマップ

月曜日, 6 月 15th, 2009

[2009] 走る少女に関するマインドマップ
紙に鉛筆
278 x 398 mm
2009

オリオン座になるのだ

月曜日, 6 月 15th, 2009

ここ1年くらいの間に3人の友人が結婚をするというお知らせを頂いた。ぼくは結婚なんてできる高度なコニュニケーション能力を持っているひとのことをとても尊敬をしているし、また羨望の眼差しで見つめてもいるし、素敵だと思うし、浅はかな単語だけど凄いとも思っている。それを誰それ構わず話しているのだけど、へーあーそうーなのーなんて結構単純にあしらわれてしまうので、それでももってまたドンヨリする。どんな事情があろうともどんな酷い仕打ちが待っていようともふたりで人生を決めていけるその人間的大きさに心底感服し、そしてまたそれが自分に欠けていることを恥じると同時にはたまた関係もないような人間力だのという単語を持ち出したりしている。

パトリシア・スタインホフという女性社会学者の日本赤軍に関する書籍を読み返していて、赤軍のテロに関する分析のなかで、あるテロリストがテロを遂行させて自分は死にオリオン座になるのだ!という発言から日本人的な生死観では、死は単に越えるだけのものであって、それはみなに平等にやってきてそれ自体には意味がなく、またいつどこでなどという意味もないということが書いてあった。合理的に考えればそんなオリオン座になれるかどうかなんて死んオリオン座になった人に出会えるわけもないので、分からないのだけど、それをひとつの通過点として捉えて輪廻転生のことを考えているのは、現代におけるぼくたちの世代ではやや不気味なのだけど、そこまで信じ込んで(疑いの余地がない)雑念を持たないというストイックさには恐れ多くも感服する(したい)。つまり考えて見れば、オリオン座になれるという根拠は自分が死んでしまってもこの世界が存在しているということなんじゃないかと思った。つまり自分と他人の境界線が明確でなくて、自分はあくまで世界の一部であってその一部が別の一部に生まれ変わるというだけのことを言っているんじゃないかと思った。そう考えてみるとちょっと面白くなってきて、どこかでとても大きな共同体を形成しているという想定で物語を構築していて、ぼくが生きているということは全人類に関係していることですということであったりもするような感じになってくる。絶対的な自己完結のできない、いわば絶対他者依拠でしかありえないような世界を話し始めているんじゃないかとも思ってきて(じぶんの都合の良いように解釈していくと)。その文脈で結婚のことを少し思い起こしてみると、愛してやまないひとと結婚をしていくことは、不完全な自分をどこかで補填できる絶対的な他人を求めているような感じでもあるし、それを行うことでようやくひとつの共同体として本来の人間として生まれましたというような感じの話をしているような気がしてならない。自分とは自分以外のすべてのことを言っているような気がする。つまり、生まれたという事実は両親という歴史を背負っているのだ。つまり子供は歴史なのだ。

今日はこれでおしまい!

みなさん婚約・結婚おめでとう!

[2009] 何の為でもない111人の集合写真

土曜日, 6 月 13th, 2009

”何の為でもない111人の集合写真”
紙に鉛筆と顔料インク
257 x 182 mm
2009

[2009] Kite flying with local people

土曜日, 6 月 13th, 2009

“Kite flying with local people”
紙に鉛筆と顔料インク
257 x 182 mm
2009

[2009] 泥棒と文通をする ver.b

土曜日, 6 月 13th, 2009

“泥棒と文通をする ver.b”
紙に鉛筆と顔料インク
257 x 182 mm
2009

[2009] 泥棒と文通をする Ver.a

土曜日, 6 月 13th, 2009

”泥棒と文通をする ver.a”
紙に鉛筆と顔料インク
257 x 182 mm
2009

[2009] こっちを向く少女と共同体

土曜日, 6 月 13th, 2009

”こっちを向く少女と共同体”
トレーシングペーパーに顔料インクと色鉛筆
290 x 290 mm
2009

[2009] 走る少女と共同体

土曜日, 6 月 13th, 2009

”走る少女と共同体”
トレーシングペーパーに水性マカーカーと顔料インクと色鉛筆
250 x 300 mm
2009

なんとなくアイデアが出てきそうな気がする

水曜日, 6 月 10th, 2009

[2009] 答えます・あなた・ぴんぴん

水曜日, 6 月 3rd, 2009

答えます・あなた・ぴんぴん
新聞紙に顔料インク、水性絵具
813 x 546 mm
2009