Archive for 9 月, 2009

ウルトラ

水曜日, 9 月 30th, 2009

10月月末にスパイラルで開催されるエマージングディレクターアートフェア「ウルトラ002」に出品します。今年始めに制作した「結婚を決意できない友人の為に深夜2時街灯の下で結婚式をする」を出します。今日はカタログに載せる画像の編集など。できたらつい最近できあがったアーティストブック「台無しの共同体」も持っていきたいのだけど、エディション5までしか作ってないので、出せるのかどうか不明です。まあなんとかします。

エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ002」
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2009/10/-002.html

もういっちょ予定。月末に武蔵野美術大学でのシンポジウムに参加することになった。専門はメディアアートのキュレーターの太田エマさんが企画している「mediations of locality」artist in Residency Program, Tokyo - networked with Bangkok, Ho Chi Minh City, Kuala Lumpur and Yogyakartaで大まかにいってメディアを使ってどうやって自分たちの社会と関わっていくのかということを地域性やコミュニティーやメディアリテラシーなんかを軸に批判的議論をするそうです。ぼくはメディアアートの人間ではないのだけど、自分の活動を通して得た経験をもとにメディアというものをどうやって批判的に発言できるのかということがポイントかもしれません。参加するアーティストのおおくは直球的にメディアアーティストなので、ぼくだけたぶんた立場が少し違いますので、その辺意識しないとねと。しかも有料の2日間シンポジウムだそうで、長丁場になりそうなだけに得るものがあることを期待します。ぼくとしは、言語だったり特にそのなかでも最近覚えたての文脈や場面がはっきりしない限り厳密に何を指しているのか不明なダイクシス(直示ー例えば「みんな」「私」「彼」)のあたりのことを少し考えたりしたいなーと思っています。ぼくにとって結構これが面白い題材であって、ダイクシスは共有している共同体のなかでの一定の前提がない限り成立しないことで、その共有している部分というのが無意識であると思うんだけど、その部分を掘り下げたりするのは面白いかもしれないなと思うところです。個人史から歴史へと繋げつつそのメディア(言語から歴史へとの変換される過程)がいかに人間に影響を及ぼしていて、そこから逸脱する行為をする(させる)ことによって、うまれる可能性や不可能性と通して、現代に潜んでいるメディア問題を考えたいな。

ということを考えつつ新作に取りかかりたい。それにアーティストブック第二弾を考えていて、今度は600ページをちょっと考えています。できれば電話帳よりも分厚いものができたらいいな、しかも分厚いカバー付きで。

[2009]アーティストブック 台無しの共同体

火曜日, 9 月 29th, 2009

現代美術家丹羽良徳による初のアーティストブック。主に、パフォーマンスやプロジェクト作品の思考の過程や背景になるアイデアやモチーフを、マインドマップの手法を応用しながら、展開させるスケッチ集。プロジェクト作品との補完関係になるように構成しているので、作家の作品を見ながらこのアーティストブックを読み込むことで新しい本の可能性を探っている。作家をより理解する為の矛盾に満ちた教科書的なアーティストブック。

丹羽良徳 アーティストブック 「台無しの共同体」

木製ハードカバーバージョン 2009

変形A5サイズ / 白黒 346ページ / ハンドメイドハードカバー
協力:Vacant / 小和田愛 / 斎藤朝子/ 松尾思樹 / ゴロゥ
ED : 30
2,500

取り扱い:YEBISU ART LABO (Nagoya) http://artlabo.ocnk.net/
NOW IDeA by UTRECHT (Tokyo) http://www.nowidea.info/
Parapera (Online) http://parapera.net/

特売セールはおかげさまで完売しました!残りは上記取扱店にて販売しております。
残り僅かなので「台無しの共同体」2010年便乗セール
通常2500円+送料のところを、2010年1月末までにご購入頂いた場合にのみ
2010円(商品+送料込み)で販売致します。
(日本国内のみのセールです。取り扱い店ではセール実施しておりません。)

残り数冊となっておりますので、お早めにお願いいたします。
ご購入希望の方は、お名前、ご住所、お電話番号をお伝えください。
お支払いは銀行振込のみとなっております。手数料の負担をお願いしております。

お問い合わせ:niwa@niwa-staff.org

/////////////////////////////////

丹羽良徳 アーティストブック 「台無しの共同体」

ブルーリネンカバーバージョン 2009
変形A5サイズ / 白黒 346ページ / ハンドメイドハードカバー
協力:Vacant / 小和田愛 / 斎藤朝子/ 松尾思樹 / ゴロゥ
ED : 30
10000

[2009] 台無しの共同体シリーズ

火曜日, 9 月 29th, 2009

台無しの共同体

火曜日, 9 月 29th, 2009

ぎりぎりで納品できました。初めて作ったハンドメイドのアーティストブック「台無しの共同体」が(エディション30の内)5部だけ出来上がってそうそうにニューヨークに旅立ちます。10/2-4に開催されるNY Art Book Fairに参加します。時間的に本当に間に合わないかと思っていたのですが、なんとかいろいろ工夫したり友人に助けてもらったりと、して完成しました。これが10000円です。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

アーティストブック 「台無しの共同体」
2009

変形A5サイズ / 白黒 346ページ / ハンドメイドハードカバー
協力:Vacant / 小和田愛 / 斎藤朝子/ 松尾思樹 / ゴロゥ
ED : 30

人生で一度だけ自動的にお金持ちになる法案

日曜日, 9 月 27th, 2009

夜、Vacantでコピー機をお借りしてちょっとブックのコピーを大量にさせてもらう。こんないつもジェットコースターのような人生で申し訳ないと思いながらも、いやこれも面白い人生だなあいつもぎりぎりすぎてなんだか面白いわ!なんてね。良かった明日はやっと製本に取りかかれそうだ。これもみなさんのお陰で生きているようなもので、感謝しております。

ぼくはみんなに助けられて生きているんですねとようやく27歳になって気がついた次第であります。遅過ぎますね。申し訳ないのだけど、これからも宜しくお願いいたします。ということで、もう一週間後には初めて作るアーティストブックがニューヨークで展示されまーす。なんてね!いや本当だね。

ちょっと時間ができたらゆっくりお茶でもいかがって思ってしまう。なんだか忙しいほうが多分性にあっている気がするけれど、やぶん大分人相が悪いと思う。いつも人を睨みつけるような顔をしているんだと思う。忙しくなるといつもそうなんです。私。

私だったらこうするわ

土曜日, 9 月 26th, 2009

なんだか急に風の吹き回しが変わったようで、また忙しさが加速した。なんだ。面白くなってきたよん、これでなんとか人間になれますように。もうちょっと収入が増えますように。お願いします神様。お願いします丹羽良徳。200p弱のブック。ようやくドローイングブックの大雑把な全容が見えてきそうだけど、締切に間に合うんだろうかとやや不安。だけど、大丈夫なんとかなります。何かは何とかどうにかどうにもこうにもなるんです。さて、とりあえずNY Art Book Fairに参加します。現地には行けないのだけど、PS1でやるんだからきっと面白いんだろうね。そうだね。

そんでもって来月末にはどうやらスパイラルで行われるウルトラ002というアートフェアーに出品して、その間にも武蔵野美術大学のシンポジウムに呼ばれていて、うーむ。なんだろう急にこんなにお話がもらえるのは。おまけに今日は国立近代美術館の学芸員の方から連絡があった。こうゆうのは続くのんだろうか。よっしゃもういっちょやってみよう。みんなで貧乏になろう。

道で電子タンバリンを拾った

木曜日, 9 月 24th, 2009

急に忙しくなってきた。というか面白い話がいくつか舞い込んできたというほうが正確しれないけれど、そういう感じだ。詳細はまたお知らせします。道で電子タンバリンを拾った。

今日は缶バッチを作った

水曜日, 9 月 23rd, 2009

Vacantで制作4日目。ようやくアーティストブックも形になってきて100pぐらいに厚さになってきた。もう少しであると思いつつももっとボリュームを増やそうかと思うのでまだそう簡単には終わらない。なのだけど、急にそのアーティストブックを展示する機会がありそうで、急いで作らないといけないけれど、期限があるほうが緊張感があっていい。それに今日はドローイングの缶バッチを作った。数個しか作っていないけれど、Vacantでも販売すると思います。写真は2種類なのだけど、本当は3種類あります。そのうちもう少し纏まった数量で作ろうと思うので乞うご期待。

ブラックジョークのような青いバッチと可愛い猫の黄色いバッチ

ストラテジー&タクティクス

火曜日, 9 月 22nd, 2009

昼からVacantでアーティストブック制作の続き。始めからステラアルトワを飲んでしまったので、やや酔っぱらっていたけれど、少しは進んだか。途中でたまっているメールの返信とか差し入れでもらったカツ丼を食べたりしているうちに夜。来客もいくらかあって、さらに今日はあがた森魚さんのライブもあった。ニューヨークのアーティスト堀崎とのメールのやりとりはとっても今役立つというか考えさせられることばかりで、楽しみが増えた。いままで僕がやっていることをもっと自覚的に認識しないとこれから長期的戦略としては弱くなってしまうという危惧があり、またそのことをきちんと考えて行動しないとこれから生き抜けないなと思えてきて、来年のニューヨーク行きに一役買ってくれそうな感じだ。これまでもファイル制作などで作品の整理をしながら、作品を見返してこれまでの制作と今後の繋がりのことなんかを考えてきたのだけど、もっとさらに(量ではないけれど)戦略的に動かないとと思う。今、できることは今するのだ。

明日はシルクスクリーンを使ってぼくのドローイングを施したバックを制作する予定です。お時間ありましたら、原宿のVacantへお越し下さい。制作の現場が見えます。

今日考えていくつかのアイデアとしては

◎人生で一度だけ自動的にお金持ちになる
◎人生で一度だけ自動的に死ぬ

今夜ばかりはナンセンス

日曜日, 9 月 20th, 2009

実は今日は誕生日だったので、プレゼントで牛肉1kgと生ソーセージ10本をもらったのだ。これだけあれば一週間ば生きていけるだろうと言わんばかりのサイズで満足です。本当にこうゆうときに助かるんです、ありがとう。午後から原宿のVacantでドローイング制作とうろうろしながらお話したりご飯を食べたり、明日の朝食会の買い出しに行ったりしていてばたばたしていたら夜になってしまった。

でも

今日はいい日だったんだと言いたい。写真家の友人には今度の展覧会DMに載せる題字を丹羽君のドローイングにしたいとオーダーが来たり、友人の結婚パーティーの招待状のデザインを光栄にもさせてもらえることになったりで、願ってもないばかり面白い仕事が舞い込んでくるなんて、こんな世の中でいいのか。さらにぼくのドローイングのバックを作ったりしようという計画もあったりして、なんだかなんだかんだで面白くもなってきたので、ここらで僕もアクセル全開であらぬ方向で飛び抜けていけるように切磋琢磨させて頂きたい、寧ろだれも想像できなかった異常な結末を予測しながら足踏みと拳でもって走り抜けたいと思う。さらには、今夜限りではないぞいうことだ。

それに、今日はぼくのドローイングを買いたいというひともあったりして、これはと思っているので、ここいらで逃がさないぞ密かに思いつつもこっそりとそういううふうにしようと思う。なんだかんだで絵になってしまうぼくのドローイングなのだけど、もう少し「これは絵じゃないよ」という領域まで到達できるといいなと勝手に思っているので、応援頂きたい。明日は朝食会です。もう定員オーバーしてしまった、おかげさまでありがとう!

[予約開始]朝食会イベント in Vacant “台無しの朝食会”

水曜日, 9 月 16th, 2009

もともとは、高円寺で始まったこの朝食会という企画がなんだかんだで、原宿まで飛んでいきます。今回は、「台無しの朝食会」ということで、いろいろ意味深ですが、たぶん台が無いのだと思います。そして、今回は大学の同級生もあり数年後には都内でカフェをオープンさせるという石田君が料理を担当してくださいました。まあ、なにはともあれ寝ぼけ眼で、素敵な朝が滅茶苦茶支離滅裂滅茶滅茶な朝食会になればいいなと思っております。参加には必ず予約が必要なので、定員にならないうちに予約してちゃん。ちょんまげまーち。

////////////////////

WRONG DANCE RIGHT STEPS
朝食会イベント in Vacant “台無しの朝食会”

日時:2009年9月20日(日) 7:30-9:30
会場:Vacant 1F 東京都渋谷区神宮前3-20-13
最寄り駅:JR原宿駅、東京メトロ神宮前駅
要予約 予約締め切り9/19(土)12:00
1000円

定員30名

寝ぼけ眼の状態でみんなで一緒にわいわい朝ご飯を食べながら、カジュアルなアーティストの話を聴く。天気が良ければピクニックみたいに。フレッシュなサンドイッチや果物や飲み物もたくさん。Vacant1Fをワークスペースとして使うアーティスト数名ともしかしたら、ここから何か始まるかもしれないし、いつだって朝から1日が始まるんです。

Vacant 1F=Work Space as “Local Behavior”
に参加しているアーティスト数名が参加する予定です。

予約/お問い合わせ
http://www.n0idea.com
mail:vacant@n0idea.com
tel:03-6459-2962

お名前・人数・ご連絡先・ご希望日を明記のうえ、メールにてご予約ください。
尚、予約が完了しますとこちらからメールをお送り致します。
メールが届かない場合、予約が正常にされていない可能性があります。
お手数ですが、再度メールかお電話にて予約確認をおこなってください。
(yahooへのメールが届きにくくなっております。)

都合のいいようにはさせないぜ

火曜日, 9 月 8th, 2009

頭が痛いのがようやく治ってきた。もうすこしなんですわたくし。最近早起きをしているから1日がずっと長く感じるし、それも充実していていい感じなのだ。今日はごごに飯田橋の美術書専門店のアルテリアに行ったら、1年前にも来たのをちょうしのいい店長さんが覚えていてくれた。ここはかなり面白いところで、すごい専門的な美術書までなんでもほぼ揃う。ただしその分値段は結構する。だから、買い取りもすごくいい値段で買ってくれるたぶんブックオフで1000円にもならない数冊の美術書が1万円とかになったりする。お金がないときはここにどこかの展覧会カタログとかヴィジュアルブックを売るといい。だいたい切りの良い金額を提示してくれる。また、今月末にちょいと急なのだけど、朝食会を復活させる機会ができたので急ピッチで進めているところです。来月にはすこし落ち着いて作品制作に取りかかりたいのだけど、いまはそれどころでもないのがややもったいないんです。でもいいや。

私でよければ近くにいるわ2

月曜日, 9 月 7th, 2009

なんだかんだでもう2009年も秋になるようです。何かと問題があった1年のように感じているので、来年こそはそれぞれ払拭できるようがんばりたいです。欠陥をエネルギーに換えられるようにがんばります。もしかしたら来年後半からはニューヨークに居る事になるかもしれませんが、その時はどうぞ宜しくお願いしたします。まだ生きるということが何かぼくには現実的なことと思えていないのかもしれないという反省をしているところです。なんで明日があるのか、どうかさえもわからないし、なんで生きるために働いているのかも不明です。元気な時にはそんなこと分かりきったことだと思うのだけど、それはよくわかりません。なので、いまのうちにきちんと整理して解決しておきたいです。ほんのすこしだけの人生で何ができるのか、まだはっきり見えてこないのは不安でもありますが可能性だとうことにもできます。それで何かが変わることがあるんだと思います。

楽しいこともやりたいこともたくさんあっていいのだけど、それがどうしたって感じです。だから何なのって感じ。ちょっとしたところにはまっています。宇宙空間で東西南北を聞かれている感じです。

坂本龍馬という名前のビール

金曜日, 9 月 4th, 2009

最近やたらにお腹が減る。なにか世の中に恨みでもあるんだろうか。夕方、渋谷の人間関係というカフェでハンバーガーのセットを頼んで英字新聞を読んだ。隣で外国人と店員がもめている、というか店員が困っているだけだと思う。そのあとで原宿のVACANTで永井くんと打ち合わせ。今月下旬の連休に行うイベントのことやそれに関する会場の下見。坂本龍馬という名前のビールがVACANTにあったのでごちそうになる。もしかしたら、朝食会を復活させるかもというお話で終わる。今の若者は何に興味があるんだろうか、と話し込み、わからないものが苦手なんじゃないか、言葉にできない何かでは通じないことが多い。そう、通じるということは相手の持っている言語に当てはまらないといけないのだ。暗がりのなかを原宿から新宿まで歩いたので、またポテトフライが食べたくなった。今日は我慢して西武新宿で帰宅。瞑想でもしたい。

私でよければ近くにいるわ

木曜日, 9 月 3rd, 2009

昨晩、ダイスケさんに桁山くんを紹介する為に新宿西口のぼるがへ。桁山くんはいいところを突いていると思う。なんとなくいつもの夜。それがどうしたんだろうか、ビールが弱くなってしまってすぐに酔っぱらいになってしまうのだ。一杯しか飲めない。今週は打ち合わせやミーティングでちょくちょく街に出る機会が出来たので、なんとかしたいところ。できるのなら、もう一度ゼロに戻してやりたい。いつまで経っても初心者なのかもしれない。書き進めた助成金のためのレポートが3ページ目で止っている。それはよくわかっているのだけど、何もできないでいる。今に見ていろ。ぼくは未来の自分のことを誰だと思っているんだろか。

私でよければ近くにいるわ

ひとけない月影のアスファルト
空カンを蹴っているシルエット
話かけたら壊れそうで
ガードレールに腰かけてた
気がすんだならとなりに来てね

きみは September Blue Moon
今夜はひとりでふさぎ込んでる
過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの
きみは September Blue Moon
私でよければ近くにいるわ
灼けた膝の上で 手をつないでいたいから

眠そうなストアーのレジスター
自動ドアつれて来た秋の風
信号機が街角染めて
少しは気分もかわったら
いつものように家に帰ろう

きみは September Blue Moon
今夜はセンチで魅力的なの
ずっと見ているから これ以上沈まないで
きみは September Blue Moon
ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ
二人だけの道を プラタナスくぐりながら

きみは September Blue Moon
私でよければ近くにいるわ
灼けた膝の上で 手をつないでいたいから

きみは September Blue Moon
今夜はセンチで魅力的なの
ずっと見ているから これ以上沈まないで
きみは September Blue Moon
ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ
二人だけの道を プラタナスくぐりながら

きみは September Blue Moon
今夜はひとりでふさぎ込んでる
過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの