Archive for 11 月, 2011

丑三つ時

火曜日, 11 月 1st, 2011

午前2:36。今の時間なのだけど、いつも大抵このくらいの時間になると昼の精神状態とは違ってくる。いいのかどうかは良くわからないのだけど、そういうことになっていて、もういい加減終わらせないといけない(まずい)書類がいっこうに終わらないで、気持ちが悪いので久しぶりにブログなんぞ書き込んで消化不良気味の不良な気分を紛れさせることになっている。というのは、何もかもぼくらはやらないといけないことなんで、本来は何ひとつ無いと思うのだけど、生きる上でそうはいかないので、あーだこーだやらないと進んでいかないということになっている。職業だって選ばないと誰も与えてくれないのは当然だし、何らかのことをして働かないと金銭なんぞ生まれてこないし、やっても来ないのだから、当然その通りだから、きっとそんなことも全部関係なしに自然も存在しているに決まっているのだけど、ぼくらは自分たちで作り上げたシステムの中で餓死しそうで苦しいのだと思うと何だか面白いこともある。当然だ。だからと言って、何でもフリーダムでいいのだと言うことも当然無理だし、政府を破壊して自由を勝ち取ろうとしても歴史を見ればわかる通りに、自由が自由でいられるその賞味期限は本当に極僅かな、もっと言えば微かな希望の中だけにしかないのかしれないし、だからと言って幻滅して自殺でもしてやろうかと思っても、それも最善の手段だとは思えないから生きているわけで、当然ぼくらはそんなこんの経験をしているはずで、それは既に了解済みだと言ったほうがいいのかもしれない。けれども、その了解済みのことを何度でも言ってやろうじゃないかというのが、人生の味噌なのかもしれない。