Archive for 1 月, 2012

大陸トラベル

水曜日, 1 月 4th, 2012

とんでもないお正月だなという勝手な解釈と、そうでもなくて単なる休日以上のことをしていないじゃないかという感想と同時に感じていて、そんなのただの愚痴でしかないじゃないかという、愚痴の上乗せみたいなことばっかりやっていてとても非生産的で、非建設的。ただひとつだけ言えることは、新年だとかクリスマスだとか宗教的内容には一切触れないが、そうやって適度に区切りを作ろうとすることは、とても人間にとって必要なことであって、そうでなければ人生80年くらいの人生が空虚で溜まらなくて死んでしまいそうなくらいに、寂しくてどうやっていても立ってもいられなくて、苦しくなってしまうに違いないから、人類の叡智だと思うし、それにとやかく言う必要はないと思っているけれど、その姿というのはとても可愛らしい人類の姿だと思っている。人はロマンティックなことが好きであるし、自分の人生だけはと思っているのだから(いつだって自分の人生の主人公が自分以外になることはない)死を前提とした限りある時間の中で生きて行くことは否定できないし、否定しようとも技術的に未だ不可能であるし、死ぬから出来ると思えるようなこともきっとたくさんある。結婚だってそうじゃないかと思った。今日はこれで終わり。

砂漠ソビエト

月曜日, 1 月 2nd, 2012

記憶は消え去ることが前提で生まれてくるのだから、さっさと消えてしまえばそれでいい。なんてね、というとなんだか寂しいような悲しいような感じにもなってしまうけれど、そんなことを言ってしまってもどうしようもなくて、さっさと寝てしまうしかない。本当はこうに違いないと思ってメモを残そうにも、そんなこと役にたたないで死んでしまうまでに、いずれかゴミになって塵となって消え去ってしまう。むしろ、そうやって消え去ってくれさえすれば、まだいいほうで、きっともっと根本的に厄介なのは、消えてしまわないで残ってしまうことのことを今風な言葉で言うと、現代とか言うのかもしれない。もちろん最前線でぼくらは歩兵として闘っている限りでは、そんなことを振り返っている時間はないけれど。