Archive for 1 月, 2013

日記02

日曜日, 1 月 13th, 2013

子供のころから、人生に過度に期待しまくってる癖が抜けなかったからアーティストになれた。そういうことに善し悪しはないと今でも思うし、善し悪しはあると思うのであれば人生やり直したほうがいい。という僕は他人に厳しいのかもしれない。単なる人生の分岐点に立たされた時に指針をもっておいたほうがいいというだけの話であって、それ以上でもそれ以下でもないから、そのどっちらかであるならばいいのかもしれない。ひょんなことから(いつもそうだと勝手に思い込んでいるが)作品集を作ろうと思い立ってから1年以上経過してしまってるけれど、ようやく本気でやるつもりになってきて、それも36カ国語に翻訳しようということで合計ページは計算上では、1000ページ以上になることになった。そんなもの発行できるのかどうかなんて、どうも怪しいんじゃないかとも思うけれど、まあそうは言わずとにかくやれるとこまでは、とことんやってやろうということにしておいた。そういうことで今現在、およそ13種類の言語の翻訳作業を進めることまでは、なんとか目処がついて、あとは残り2/3になろうかという段階である。

なぜ36カ国語の言語に訳そうかと思うのは、単純に言って英語グローバリズムに対しての反抗心であり、英語を使わずしても36カ国語に訳せるならば、世界人口の80%近くまでネイティブレベルでカバーすることが可能であるからであって、英語グローバリズムに対するオルタナティブな世界創造の実践であった。このことはエスペラント語にも通じることである。至極単純にグローバリスムの単純化の過程で消されてしまった、規模の大小を合わせて7千種近くあると言われる言語になかから、できるだけ多くの人口をカバーする言語を抽出した。ただし、ある程度の無作為な部分もある。

また、言語がぼくの作品において、非常に大きな役割を果たしていることが、この頃明確になってきている。タイトルと作品の関係からも想像できるように、すべての作品は作品内容がタイトルに準拠している。言い方を替えれば、タイトルの内容をそのままそっくり現実化するというスタイルを用いている。というのは、作品で扱う内容に一時的にせよ言語的に意味内容を正確に掴んでおいてから、そこから不明確な現実へとダイブするという過程を辿る。この事実は、無意識ではあったが、自分がアーティストとして独自性の獲得を目指すのと同時に、パフォーマンスという肉体メディアを用いていることに由来するかと思う。ぼくは、作品において、パフォーマンスそれ自体が表現ではなく、パフォーマンスがメディアであるということを重々考えて来た。この場合、パフォーマンス=行為と置き換えて差し支えない。メディアであるからには、媒介する先があるということで、何らかの社会的、共同体的関係性の中でその行為が行われていることを意味するわけで、ダンスや演劇のようにその肉体の美しさを問われることはない。ぼくの行っている行為とは、世界史的に人類が、もしくは自宅の隣人が何の疑問を持たず日々行うそれと同じく解読することが可能である。ただし、ぼくの行動は、部分的に目的が空白にされていることが多い、ぼくのその部分を行為によって媒介させようと試みている。というわけで、ぼくの作品のタイトルは言語的に明確に意味が取れなければいけない。

D

金曜日, 1 月 11th, 2013

問題は非常に簡単だった。それは科学者のマービン・ミンスキーのいうところの「ほとんどの人は情報を伝えるためではなく、自分が安全な人間であることを示すために会話している」というある種の人間にとっては逆鱗に触れてしまいそうで、ある人に当たり前のことで何が問題であるのかさっぱり理解できないような問題提起であったからである。私たちはなぜ会話を必要としているのか、私たちはなぜ沈黙を恐れているのか、といった根源的な問いかけ以上に、それがそうとも気づかずに会話することはいいこだとタカを括って生きていることへの批判でもあって、会話がもたらす気づかない自己保身と正当防衛機能を忠告しているようだ。だがたいていの人は自分が今、自己防衛の為の言い訳をしてるなとかを気づく事ができるが、それだけが問題というわけではなく、ただ他人と会話するごく自然の生活行為の一端が既に自己保身系への出発になりかけているのではないかという忠告であったならば、こんな怖いことはない。
まさしく、私たちの日々は昨日と今日はどれだけ違っているのかということを厳密に問われている。ただし、その問いかけに気づいている人はすくない。

殴り書きのメモ01

火曜日, 1 月 8th, 2013

過去9年間の作品を編纂してアーティストブックを準備してます。ぼくの作品はどのような形式で語られるべきか検討した結果、できるだけ明瞭に作品の内容を日本語で書いてそれを36種の言語に翻訳することにしました。そうすれば、世界人口の8割くらいはカバーできる。あからさまに、英語標準化に対するオルタナティブを作ろうと思った。ちゃんと進んでるからすごい。何か言い出すとちゃんとリアクションがあるから人生は頼もしい。言語処理の研究者から外国語講座の先生までご協力頂き本当に感謝してます。出来るのは随分先になりますけど。ひとまず自分を叱責するつもりで、記しておきます。

現在、日本語、フランス語、ロシア語、エスペラント、ロジバン、韓国語、中国語、トルコ語、アラビア語、インドネシア語、ペルシャ語などの言語については、翻訳作業が徐々にですが進んでおります。おおよろ全体の1/3にあたる言語がカバーできたということです。これからは残りの作業を進めると共に、そもそもぼくがやろうしていることの自分のテキストを書こうか(書かないという選択肢も含めて)と考えているのだけど、どうもこれがおかしい。何かおかしい。ぼくはアーティストなんだから作品をバリバリ作ればいいじゃないかとも思うけど、なんでご丁寧に説明してしまうんだかと疑問に思う節がないでもない。というのは説明というのは、しなければ分からないし、程度が過ぎるとうっとおしいとなる。ぼくの場合、この案配は重要なのではないかとも考えられる。もっといえば、ぼくの説明によって作品が陳腐にもなるし、面白くもなるかもしれない。そうなってくると一層複雑で、作品にある程度の解説というか(なんで、そして何をどうした)っていう程度の説明は必須だと随分と前から思っていたけれど、じゃあ全部して説明して差し上げましょうというのでは、じゃあ作品観る意味がないじゃないの。と言われても当然で、それは僕が度々訪ねられる「展示する意味は?」という質問と随分と密接に繋がっているんじゃないかと直感で思った。まあ極端にいって、ぼくは直感と論理的な思考を分けて考えてない。