リハビリ

6 月 5th, 2013

Twitterは基本、時間泥棒であるので、どうしてか、どうでもいいことを書いてしまって、最終的には時間を奪われた!と地団駄を踏むことくらいしかできない。携帯のsmsでも送れるような内容をわざわざ、公開しながらtwitterで書き込むことになんの意味はあるだろうか?ご飯食べいこうか、と誘うのに、なんでわざわざtwitterなのか、いや、それはもうそういう問題じゃない。むしろ、なんでtwitterで何が悪い、という段階まで来ていることを認めないといけないし、SNS疲れとかそういう類いのことを言うことに書いてるわけではない。ただ生活にひどく食い込んでそれられがある限りは、もうどっちが便利か早いかとかそういうことではなくて、それはツールとしての選択肢ではなくて、チーズバーガーかビックマックくらいの違いでしかない、そう、お腹が一杯になればそれでいいのだ。twitterでも文面が伝達することが実現できれば、なんでもいいのだ。技術の進歩はそいうことなので、ちょっとだけインタ−フェーイスなんかを替えたりして、多いに自分らの人類は進歩しているとうことにしておく。それが最大の時間泥棒と言うべきだろう。

以下は、今後の予定。

—-
作戦会議|丹羽 良徳 [投票できない選挙区へ投票しに行く]
日本の選挙制度は多くの場合、自身の住居を基に地域ごとに定められた立候補者へ投票する小選挙区ですが、この場合地域外の投票所へ出向くことはどんな意味があるでしょうか。論理的に考えて、門前払いされることは明らかですが、私たちが投票できない候補者とは何者でしょうか?
このようなアイデアを基に、参院選での撮影を予定しています。今回は、このアイデアを基に撮影する具体的な方法などを話し合う予定です。2時間弱の予定。
日程:6月15日(土)
開場:18:00 開演:19:30
料金:1,000円
ブランクラス
http://blanclass.com/


パフォーマンス|NIPPOUUNPO - GODZILLA and the PHOENIX
2013年6月20日(木) 11:00-18:00
http://ouunpojapan.blogspot.jp/
在日スウェーデン大使館


レクチャー|私的な前史的トーク、もしくは単なる四方山話
とりとめのない行為とその映像の記録。
ある言葉が現実を作り出そうとする時、フィンクションと
ノンフィクションの境界線を越境を軸に公共的、政治的、歴史的な時空を
転換させようとすることで、見える我々の鏡像とは何か。
残された現前の物事から、歴史を考える前史的に関するトーク。
00 前史と現在とどう付き合うか
01 作品の動機といわゆるコンセプトと言われるものの関係
02 制作現場で何ができるか
03 どうして作品は完成するか
日時:2013年6月21日(金) 19:00-20:30
http://500m.jp/news/1943.html
CAI02(札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2)
TEL:011-802-6438
入場:500円(ワンドリンクつき)


グループ展|あいちトリエンナーレ2013
http://aichitriennale.jp/
2013年8月10日 - 10月27日
愛知県名古屋市、岡崎市各地

—-
グループ展|アウト・オブ・ダウト展――来たるべき風景のために( 六本木クロッシング2013)
http://www.mori.art.museum/
2013年9月21日[土]→2014年1月13日[日]
森美術館

—-
グループ展|ふくやまアート・ウォーク2013
2013年11月3日(日)から11月4日(月/祝)  10:00から17:00
福寿会館(予定) http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyamajyo/fukujyu/


グループ展|旅するアート
会期:2013年8月3日(土)~11月1日(金)
時間:7:45~20:15(最終日のみ17:00まで)
会場:札幌大通地下ギャラリー500m美術館
住所:札幌市中央区大通西1丁目〜大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)
HP :http://500m.jp/
主催:札幌市(国際芸術展担当部)
企画:500m美術館企画委員会


個展|????
Ai Kowada Gallery
2013年11月16日〜12月21日

Leave a Reply