[2008] 野菜との思い出

11 月 5th, 2008

パフォーマンス 2008 中国
現地で簡単に購入できる野菜と共に、記念撮影を催す。観客一人一人に協力してもらい、36枚の記念撮影を撮っていく。パフォーマンス終了後、この写真からポスターを作成し、参加してもらった人々へ国際郵便を使って送り返す。一度きりの出会いの中から、どのような関係を生んでいけるのか、模索することから始まった。簡単に手に入る野菜は珍しくもなんともないが、そのどこにでもある物が思い出として深く刻み込まれることを望んでいる

“A memory with vegetable” Performance 2008, China
Making instant photograph with audience one by one, also ask audience to take vegetable.
After the performance, these photograph will be big printed poster. Send to participated
audience by air mail. In this project, Niwa try to explore how we can get relation with local
people and what’s important for memory. For audience, vegetable means their life and easy to
get, then it’s not curios things but also it will become special memory.

Leave a Reply