私は誰にとっての何が何で何なのだ

10 月 11th, 2009

今日は久々に一日中、ずっと家にいたので、ちょっと外に出たい気分になってしまった。午後にギャラリーから打ち合わせで来客があって、製本のことやアートフェアのことをいろいろと話す。いろいろ決まっていくなかで、予算的にできることが限られてくることや時間の制限なんかでできないこともたくさんあってでもそのなかで一番良いと思うことを互いに共同で考えながら作品を作っていく。最近はこんな自分の作品なのだけど、ギャラリストやキュレーターと一緒になって考えてやってみてそんでまたお話して作り直してという作業が多くなった。たぶんとても良いことなんだろうけれど、いままでやり方がちょっと変わってきたので、少しだけ肩に力が入ってしまって疲れることもあると思った。そんな野暮な感想なんか言っている場合かと思うのだけど、それはそれで乗り越えようとしている段階なので根気よく付き合っていこうかしらと思っている。とにかく、ここまできたら、自分の作品も自分だけの責任ではなくなってくるんだなと思うとちょっと気分が引き締まる。

互いに関わり合いながら自分のできることを相手に伝えて利用し合える仲になれでばと思うのだ。そんなことがちゃんとできれば今後も楽しみがたくさんだ。

Leave a Reply