彼の髪型が好きだ

10 月 20th, 2009

人生には二種類あって、人生には奇蹟も革命もないんだと生きるのか、それとも目の前の現実がすべて奇蹟であってよのなかは自分で変えられるんだと思っていきるかどちらかだという意味のことをアインシュタインが言っていて、そんな彼はとても面倒くさがりで、洗濯石鹸で顔を洗い、雑巾で顔を拭いて、時には灰皿にご飯を盛ったそうだけど、そんな彼はいいなあと思った。彼の髪型が好きだ。ところでニューヨークに持っていったアーティストブック「台無しの共同体」はフェアで売れなかったのだけど、Printed Matterというアートブック専門店に一冊置いてもらえることになって実質一冊売れた。よかったなあと思うのだけど、まあすぐに30冊作らないといけないので、あんまりゆっくりもできない。というか最近めっきり寒くなってきて今年初めてトレーナーを着たら変な怖い夢を見た。明後日は武蔵野美術大学でシンポジウムに参加します。わくわく。行けるかな。

Leave a Reply