[2010] 泥棒と文通する / Communicating with Thieves

4 月 8th, 2010


exhibition view at HIAP project room

Intervention project, 2010
Thanks to Seppo Renvall, Oliver Whitehead, Jenni Valorinta, Mikko Linnavuori, Tomasz Szrama and Marita Muukkonen
Produced in a residency at HIAP production residency programme, Helsinki
Supported by HIAP

“泥棒と文通する”はサイトスペシックで一時的なインスタレーション作品で、人々に泥棒との関係を想像させる。ヘルシンキの複数の銀行ビルの壁に “今が泥棒の時だ!(フィンランド語と英語で)”というメッセージを大型ライトプロジェクターで投影する、営業時間終了後の夜間だけ点灯させる。そのサインを見た人々は権威や資本主義社会の抵抗行為としてのあらゆるレベルの想像上の銀行強盗や盗みを想像することができる。そしてまたこのサインは低所得労働者の私有財産制度やすべての土地が誰かのものであるという富に対する抵抗の声とも捉えることができるかもしれない。このビルに掲げられた声は実行可能ではあるが、実際に泥棒を突き動かすことができないかもしれない。しかし、泥棒というアウトローからの視点でお金や経済のありかたを考えることは、きっとこれから社会を変えるきっかけになると思う。

Communicating with Thieves is a temporary, site-specific installation that imagines a relationship with a real thief. On aika varastaa! / It’s time to steal! (Finnish/English) slogans are projected onto the walls of several bank buildings. People seeing these signs can imagine any scale of bank robbery or theft from governing authorities and global capitalism, as an act of resistance in their imagination. This can be seen as resistance that speaks to the private-property system, since ‘wealth’ in all fields belongs to somebody from the low-income working class. The bank-robbery slogan symbolizes the fact that action is possible. But it cannot make people act. Nevertheless, thinking about money and the economy from the point of view of an outlaw bank-robber could trigger a change in the world.

Leave a Reply