生きている瞬間のみが生きている証ならば、とても幸せな気がする

7 月 1st, 2010

首が限界なのかしらって感じにどこかに寄りかかりたい気分でいっぱい。というのは昨日15分しか寝れなかったからでそのあと打ち合わせなどが入っていて気を抜けなかったからで、だから何だと言えばこんなブログなんてかいてないで早く寝ろよって感じなのだ。ついでに目頭もかなり重い。但し精神的にはレッドブルを飲んだ如く冴え渡る晴天のように活発であって、それを良いことにこんなところで文章をかいている。今朝は早起きして幡ヶ谷へ行き、お昼には上野まで行き、そのあと杉並へ行き、四谷へ行き、日本橋へ行きヘロヘロ。くたばって溜まるかと車が猛スピードで走っているのを見てぼくは、この世に生まれてきたことの幸福を感じながらも、それは言わないでにやにやしているとみんなに笑われる。ぼくの作品を観た人は何故かぼくのことを破壊的な人だと思うひとが多いらしく、少し困っているのだけどそれも仕方がないのかしらって思う。生きている瞬間のみが生きている証ならば、とても幸せな気がする。今日はもう眠い。

One Response to “生きている瞬間のみが生きている証ならば、とても幸せな気がする”

  1. Asako Says:

    チエちゃんが丹羽君に「ありがとう」て言ってたよ。良かったね、優しい人いっぱいで。

Leave a Reply