正しい解答だ

5 月 14th, 2012

人間はいつから忙しくなったのか。そんなことは知らん。たいていの場合は、それは言い訳という文句の為に作られた言葉だとしか思えない。真に忙しい人なぞいるものか、なんて言うと多くの反感を買いそうだけれども、そう思うから、そういうことにしておく。加えて多くの場合は、忙しいと言う為に忙しく仕向けているに過ぎないこともあって、人生が本当に忙しいなら、そもそも生きているということはどういうことか、面白くなりそうだ。忙しいとは、お前には構っている暇はないという宣言であって、別に何もする時間がないという意味ではない。つまり、やることは非常にたくさんあるのだ。「何もする時間がない」言い方自体が、自己矛盾なのであって、何もする時間が本当になければ、そもそも生きていないのだ。時間の中にいないのだ、それは既に死んでいるというか、産まれてもいない。ということを考えれば、言い訳として忙しいということはきっと、ひどく失礼で無礼な行為なのかもしれないし、思い返してみればひどく失礼をしたい時にそういうことを人に言っていたのかもしれないと反省した。ということは、正解は、いつだって非常に暇であると言わないといけない。やることがあり過ぎて、時間があり過ぎるというのが正しい解答だ。

Leave a Reply